Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【規模のリスク】

    2015年10月2日

     
     
     

    「企業規模が大きいからと言って、安定しているわけではない」と
    いうことが判る事件が、最近は、多く起きています。
    ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏は、インタビューで、
    次のように述べています。
    「大きいということは、むしろ潰れる可能性があるということですよ。
    小さくて俊敏な企業より、大きい企業で一時代狂ったらそれは潰れる
    ってことです」
    つまり、成長している企業は、規模の拡大と比例して、時流から
    外れたときのリスクが増していくということなのです。
    では、成長企業は、潰れないために、どうすればよいのでしょうか?
    柳井氏は、次の2つのことの大切さを説いています。
    1)時流適応しているかを常に自問自答すること
    2)過去の失敗例から学ぶこと
    1984年にユニクロ1号店を開店させてから、一代で、世界規模にまで
    拡大させた柳井氏の発言には、重みがあります。
    孫正義の焦燥~俺はまだ100分の1も成し遂げていない
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •