Now Loading...
 
  • ブログ・野口 誠一

    第125回:再起の群像 「母の励まし」

    2007年4月1日

     
     
     

    さて、Uさんは私鉄の踏切で車を止め、エンジンを切り、目を閉じた。と、ここ数日の倒産騒動で、ろくに眠っていなかったこともあり、たちまち深い眠りに落ちていく。そして夢を見た。苦労続きだった母の夢である。
     Uさんの母は、長男のUさんが四歳のとき夫と死別し、その後、行商をしながら3人の幼子を育てた。むろん、人並みの生活などできようはずはない。極端な貧乏暮らしだった。それを見かねた親類が、縁談をもってきた。母は3人の子供を連れて再婚、また次々に3人の子供を生んだ。


    しかし、もともと貧乏だったところへ6人の子供を抱えては、養父とて、どうにもならない。今度は養父のほうの親類が「あんな女、たたき出してしまえ」と騒ぎだし、母は離婚されてしまった。行くあても頼るあてもない母は、空き家になっている知り合いの馬小屋をタダで借り、その周りと隙間を丹念に笹の葉で囲い、土間に荒ムシロを敷いて6人の子供とともに引っ越した。
     その日から家畜同然の暮らしが続く。とりわけ馬小屋の冬はこたえた。身を切るような冷たい風が、吹雪が、馬小屋を容赦なく吹き抜けていく。そんな夜は母が一晩中、一人ひとりの子供をまるで親鳥が雛鳥を抱くようにして温めてくれた。
     そんな母が夢に出てきて、「そんなところで死んで、悔しくないかい。もう1度やり直して、子供にピアノを買ってあげなさいよ」と言う。それはたしかに母の声だった。
     Uさんの瞼がはじけた。と、白々と夜が明けている。Uさんは反射的にキーをひねり、猛然とアクセルを踏んだ。そして30メートルばかり走ったところで振り返ると、始発の電車が轟然と通り過ぎて行った。Uさんが踏切でエンジンを切ったとき、すでに終電は終わっていたのである。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    野口 誠一

    八起会 会長
    株式会社ノグチプランニング 代表取締役

    昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
    昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。 わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
    しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
    翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
    弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
    再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
    昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
    平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

    電話番号:03-3835-9510(倒産110番)
    HP:http://yaoki.html.xdomain.jp/

     
  • 「ブログ・野口 誠一」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・野口 誠一」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら