Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「ヤシノミ洗剤」のサラヤ 部員全員で物流改善 

    2016年7月22日

     
     
     

     1952年の創業以来、ロングセラーの「ヤシノミ洗剤」や未来の洗浄剤「ハッピーエレファント」など、人にも環境にも優しい商品を開発・販売しているサラヤ(更家悠介社長、大阪市東住吉区)。数年前から物流事業の大改革を実施しているという。
     SCM本部事務・物流統括部の黒木則光統括部長(写真中央)と岡部直樹次長(同右)、広報宣伝室の諸江久美子係長(同左)に、同社の「改善し続ける物流」とそのきっかけなどについて話を聞いた。
     「輸送や倉庫業務については、すべて運送事業者に委託している」という同社。東西にメーンの物流センターを保有し、全国で約10社と取引をしている。品数が多くバラ売りもあるという同社の物流は現在、月1回の品質会議と物流に対する厳しい目によって「数年前には棚卸しをしても数字がまったく合わなかったものが、いまではピタリと一致するまでに成長した」という。
     「それでも1日に(小さな)事故の報告が出てくる。運送会社によっても得意・不得意の面はあるようで、ドライバーの差も大きい。ドライバーの態度一つで得意先からクレームが来る」という。「また、落として商品を壊すことは、あってはならないが、まだ目をつむれる。しかし商品のピッキングミスや配達場所の間違いはダメ。これは厳しく注意させてもらう」と話す。


    060605.jpg
     また、「最もして欲しくないのが『残荷』。荷物が多すぎて持って行けなかった荷物は、無条件で納期が遅れる。運送会社には『これだけはやめてほしい』ときつくお願いしている」という。
     こうした厳しい姿勢の裏には「取引先に迷惑はかけられない。絶対に物流改善に成功しなければならない」という物流部全員の断固たる決意がある。
     そのきっかけになった話を黒木部長は教えてくれた。「数年前、物流センターを新しくした際、とんでもないトラブルが発生した。移行に向けて取引先の運送会社と徹底した準備していたはずが、当日にシステムダウンしてしまった」という。「オーダーは来るが、商品がどこにあるのかわからない。100台は並んでいるトラックに、どの商品を積めばいいのかわからない。もう、大騒ぎになった」と苦笑する。
     「それから1か月はセンターから帰れず、家に着替えを取りに行くだけ。家族に説明する暇もなかった」と話す黒木部長。「しかし、ずらりと並んだ赤帽のクルマに謝罪しようとすると『いいですよ。こういうことには慣れています』と言っていただいた。また、営業部からは『取引先の対応は任せて。頑張ってくれ』と励まされた。そのときの恩返しをしようと、部員全員が必死に物流改善に努力している」という。
     「まず、物流網が本当に正しいのか見直すことから始めた。プロジェクトを組んで、徹底的に見直した。そして商品も、パレットに一番合うサイズにまで小さくできないかを見直した。ドライバー不足で、少しでも多くのパレットを載せたい。そのために商品の外装の強度を上げた」とし、「最後に営業を見直し、非効率な輸送を探した。週に5回、一つの商品を運ぶより、五つの商品を一度に運べるようにした」という。「物流改善にはすぐに効果が出るものと、出ないものがある。しかし、改善から2年でその効果を実感している」と話す。
     「いまとなっては物流センターのトラブルは失敗じゃなかったとも思っている。あのトラブルがなければ、当社の物流はいま頃パンクしていたはず」と話す黒木部長。「また、アレのお陰で少しぐらいの苦労は苦労と思わなくなった」と笑う。
    060604.jpg
     「これからも『いまの物流が本当に正しいのか』を、しっかり見ていく。在庫を圧縮したいわれわれと、アイテムを残したい営業とのせめぎ合い」とし、「当社にもいろいろと営業に来る物流事業者はいる。『なんでもできる』と言われるが、できた試しがない。実力と覚悟を持って来てください」と話している。
    ◎関連リンク→ サラヤ株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら