Now Loading...
 
  • トピックス

    送料値上げ望む声 軽貨物事業者、大手の値上げと負担軽減に注目

    2017年3月24日

     
     
     

    0324-2.jpg ヤマト運輸による送料値上げの報道で、人手不足や再配達など宅配が抱える問題が赤裸々に伝えられた。値上げの要因となっている人手不足や再配達について、現状はどうなっているのか。また、送料の値上げが実現した場合、宅配の流れに変化はあるのか、軽貨物をはじめとする関連事業者に聞いてみた。



     業界大手の値上げについて、関東軽自動車運送協同組合は「労力に見合う対価が得られなければ、人手不足がますます深刻化し、事業が成り立たなくなる」として、「業界全体のためにも、大手が率先して利益を得られる適正な価格まで引き上げてくれることを願う」という。また、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会では「宅配はしていないが、値上げについては関心がある」と動静に注目しているほか、Awesome(オーサム、黒越圭介社長、千葉県船橋市)やアート・プラ(横田浩祟社長、東京都江戸川区)など、宅配を請け負う軽貨物運送事業者の多くが、大手の値上げに関心を持っており、各事業者が「これを機に業界全体で利益のとれる適正な価格になれば」と、期待を寄せている。

    (詳しい内容は、物流ウィークリー3月27日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら