Now Loading...
 
  • 運送会社

    士気向上めざし、あえて新車導入 フェリックス

    2009年5月15日

     
     
     

    【東京】海上コンテナ輸送を手掛けるフェリックス(小西和夫社長、江東区)はこのほど、新車のトラクタを導入した。
     荷動きは鈍化しており、決して増車する環境ではなく、周囲は増車に否定的だ。しかし、あえてこの時期に増車に踏み切ったのは、「ドライバーのモチベーションを上げるため」(小西社長)だった。


    ferix2.jpg
    新車のトラクタ
     昨年後半から荷動きは悪化、今年に入っても一向に上向く気配を見せない。同社も、1、2月は最悪の動きだったという。
     「それをそのままにしておくと、ドライバーの士気が下がるだけ」という同社長は、「みんなでがんばろうと、ハッパをかける意味も込め、あえてこの時期に新車を導入した」という。
     新車導入で投じた額は1200万円と安くはない。しかし、士気低下はそれ以上に危険だと話し、「仕事のできるドライバーにいい車を乗せられるうちは、まだまだがんばれる」と商機を見いだしている。(高田直樹記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら