Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    外国人ドライバーの可能性 「永住権あれば戦力になる」

    2020年4月7日

     
     
     

     少子高齢化、人口減少により、労働力の確保が困難になってきている。物流業界では特に、トラックドライバーを目指す若い人や業界未経験者が少ないため、多くの事業者で高齢化が進んでいる。現状は、今いる人材でやりくりできていても、近い将来、多くのドライバーが退職していく。そのため、労働力の確保については、何かしらの対策をとる必要がある。

     ほとんどの業界で労働力が不足しているため、労働力の確保は容易なことではない。そのため、自動運転やロボットなどの開発が進んでいるが、実用化されるのを待っている間に、ドライバー不足で物が運べなくなってしまうのではないだろうか。実際に、運送会社の経営者の多くが「自動運転よりも先に、ドライバーとして働きたいという女性をもっと増やしたり、外国人の採用の可能性を探る方が、現実的で優先すべきことだ」と考えている。

     だが、外国人が日本で就労する際に必要となるビザでは、「単純労働」と位置付けられている運送業で働くことができない。そのため、「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」といった在留資格を有している外国人を採用することが考えられる。

     在留外国人の雇用に着目した「配送サービスに関するアンケート調査」が昨年、226か国・15万人以上の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営するYOLOJAPAN(加地太祐社長、東京都港区)によって行われた。

     調査は2019年の9月30日〜10月30日の期間、フィリピン、ブラジル、アメリカ、インドネシアなど94か国の在留外国人915人(永住・定住23%、留学23%、技術・人文知識・国際業務16%、日本人の配偶者など14%、その他24%)を対象に実施され、回答者の72%が「日本の配送サービスの企業で働いてみたい」と回答した。

     アンケート調査の回答者のうち、配送サービスの仕事の経験者は10%だったのに対し、日本の配送サービスの企業で「働いてみたい」または「給料が良ければ働いてみたい」と回答したのは72%。そのうち、希望する月給は、20〜29万円が42%と最も多く、次いで30〜39万円(21%)、18〜19万円(11%)だった。

     また、日本で運転可能な運転免許証を持っているかという質問には、「はい」と回答したのは全体の29%、「取得予定」は34%と、合わせて6割以上がドライバーとして就労するポテンシャルがあることがわかった。

     一方で、配送サービスの仕事をする上で、不安な点はありますか? という質問では、「言語」が47%、「土地勘の有無」が36%、「コミュニケーション」が35%と、日本語でのコミュニケーションと、慣れない土地でスムーズに配送ができるかが不安だという声が多かった。

     では実際に、ドライバーとして活躍している外国人は、どのような会社で、どのように働いているのだろうか。永住権のある外国人を積極的に採用しているアライアンス・コーポレーション(今村雄治社長、東京都大田区)では現在、スリランカ人がドライバーとして活躍している。

     今村社長は「弊社では在留資格はもちろん、日本語ができて運転免許を持っていれば積極的に採用する考えだが、国によって働き方に対する考えが違うので、外国人をひとくくりで考えると対応が難しい」と話す。

     また、永住権のある外国人が多く住んでいる地域に拠点を構えているトランスシグマ(野崎真史社長、茨城県常総市)では現在、25人の外国人がドライバーとして活躍。同社では近々、運搬の部門で外国人の班長が誕生することが決まっている。

     外国人の採用について野崎社長は、「この辺りはメーカーの工場が多く、そこで働く外国人(ブラジル人や南米人など)が多く住んでいる」とし、「彼らの多くは車の免許を持っていて、弊社が行っている通常のドライバー募集に普通に応募してきた」という。

     「私は2018年に50台、20年の期に100台という方針を立てているため、安全運転でルールを守ってやれる人であれば、誰がやっても良いと考えている」として、「たまたま、外国人が多く住んでいる土地柄だったので、外国人が多く採用できている」としている。

     同社では外国人を採用するうえで、BtoBであればできると考えているため、日本人と同じように面接し、同じ基準で採用する。ただ、採用してからは、彼らが理解できるように受け入れ体制はしっかりと整えた。

     「日本人でも外国人でも、できない人はできないし、ルールを守らない人は守らない。ただ、変化を起こさずに、これまでのようにやっていきたいという会社には、外国人採用はお勧めしない」と、野崎社長は話す。

     外国人労働者採用の可能性について、YOLO JAPANの椿奈緒子COOは「外国人の採用を考えるうえで、彼らに求める日本語レベルをどこまで許容するかがポイントとなる」とし、「日本語のコミュニケーション能力が仕事で必要となればなるほど、外国人にとって働くのが難しくなる」と指摘する。

     「ドライバーとして働くなら、運び先がC(消費者)向けなのか、B(法人)向けなのかによって違ってくる。日本語が堪能でない外国人でもできる仕事に就けば問題はない」とし、「永住権のある外国人のうち、ほとんどの人が免許を持ち、車を持っており、運転好きな人が多い」と話す。

     日本で生活をしている外国人のうち、ブラジル人は約20万人。そのほとんどが製造業で働いている。彼らの多くは日本語をうまく話せないため、就職先の選択肢は限られている。こうした状況で、運転免許を生かした仕事に就きたいと考えている人が増えているようだ。「彼らにドライバー募集をすれば、かなり反響がある」とし、「条件が合えば入りたい、という人は多いのではないか」としている。

     このように、永住権のある外国人の採用は、十分に労働力として計算ができ、可能性としても大きい。彼らを戦力として取り入れるためには当然、受け入れ体制をしっかりと整える必要がある。それが可能であれば、取り組む価値は大いにあるのではないだろうか。

     
     
     
     

    この記事へのコメント

     
    1. 匿名 says:

      YouTubeに海外のドライブレコーダー事故映像を見て本当に海外の人で大丈夫?って思うけど。

    2. 山形県 says:

      月給30万以上貰えるのなら私もドライバーになりたい。しかし、長時間労働や低賃金、未保険、自腹補填等、ブラックな話ばかり聞こえてくるので運送業界に踏み出せないでいる。
      人手不足とは言ってますが、待遇改善すれば働きたい人はいくらでもきますよ。

      7
      1
    3. 匿名 says:

      海外のアマゾンを始めとした配送業者の動画を見てみましょう。玄関置きOKの家にはトラックから降りずに投げ捨てる姿や、降りたとしても投げ捨てる様子を見てどう思いますか?

      定時になったら配送途中でも帰宅してしまう海外文化を取り入れたら、日本ではクレーム対応に追われるだけですよ。

      全ての人間が~とは言いませんが、日本人としては海外の人に日本で働く事をしないでもらいたいです。物流に関わらず。

      • 匿名 says:

        甘いな〜 
        今までのやりすぎなぐらいのサービスが当たり前と思わないでいただきたい
        安いならやすいなり、いいサービスを受けたければ高い金払えが当たり前になるわ 

        7
        1
        • 匿名 says:

          いやいや、甘いのはそちらですよ。
          安いなりの内容なら構いませんが、高い金出して雑な事をしてたらどう思います?
          一部の神経質な頭の悪い人種は別として、安い高いに関わらず仕事をこなすのが今までの日本人です。

          職業としては見下すであろう便所掃除の人間、ゴミ拾いやゴミ収集の人間、交通誘導等の人間、窓拭きの人間等、職業としては胸を張って人に言える仕事ではないにも関わらず、しっかり丁寧にやってますよ?
          誰も頼んでないに等しいのに清掃のおばちゃん達は便器をピカピカにしてきれてますよね?安い給与で。

          なんの不満もなく当たり前のようにしてもらってた事が、外国人を起用する事で一気に雑になり、積み込みが面倒臭いから今日は帰る、今日降ろすの面倒臭いから明日でいいや、7時必着だけど眠いから3時間くらい寝て10時に着けばいいや、破損が起きた=元々壊れてたと思う。こんな仕事内容が海外は普通ですよ。
          自分の同僚でこの様な外国人が来たらどうします?貴方と同じ給料で。
          貴方の給与が安いのなら貴方もこの程度の仕事内容で働いている。と認識しとけばいいのでしょうか?

          3
          5
        • 匿名 says:

          こういう時代の流れに乗れないセンスのない日本人ばかり
          日本国が国外の人間の力を使い自国に利益をもたらそうとしているのだから考えを改めた方がいいと思います
          愛想笑いも無料ではありません

        • 匿名 says:

          ↑↑の方の様な方がいるから非常に深刻な若手運転手不足になって、外国人労働力に頼らなければならないギリギリの状況になってるって、わからないんですかね?
          サービスを含め、働いた分に見合わない仕事だから、こんな事になっているのでは?

    4. 匿名 says:

      全員ではないとは思いますが、運転が雑、荷扱も雑、服装も適当、こんなんじゃますます運送屋のイメージが悪くなる。(外国人だけではないですが……)

    5. 匿名 says:

      事業主がドライバーは使い捨てで代わりはいくらでも居ると言う態度と待遇をしてたから
      ドライバーになりたい日本人が人が居なくなっただけ。
      それを外人に求めても外人だってやらなくなるだろう。
      事業主が改めない限り無理だろう。

    6. 中馬 says:

      コミュニケーション能力?今のうちの会社でもろくに挨拶出来ない、都合が悪くなると仲間や会社が悪い!そんなクズばかりだから外国人でも問題無い。

      3
      2

    コメントをする

    ※コメントを投稿することにより、利用規約をご承諾いただいたものとみなします。

    内容をご確認の上、送信してください。

     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら