Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    環境対策費用「自腹」が64% 神戸大学大学院が調査

    2011年12月20日

     
     
     

     「環境対策への取り組みの費用は、コストとして荷主に負担してもらえていない」。多くの事業者が自腹で環境対策を施さざるを得ないと認識していることが、神戸大学大学院海事科学研究科がまとめたアンケート調査で分かった。


     調査は、兵ト協、近畿運輸局、関西交通経済研究センター、神戸大学の4者で作る委員会が今年9月に郵送で実施。国道43号が通る阪神地区の事業者500社に用紙を配布し、69枚を回収した。
     環境問題に取り組むメリットに関する設問では、「荷主からの信頼感・依存度が高まった」との回答が58%で最も多く、「従業員の意識向上につながった」が57%と続いた。逆に問題点としては、「環境対策にかかる費用がコストとして荷主に認識されない」が64%で、他の回答項目を大きく引き離した。
     また、環境対策について荷主から要望を受けたことのある事業者は40%に上るとするデータも掲載している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら