Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【それ自体をやめる】

    2009年11月25日

     
     
     

    業務効率化の取り組みにおいて、最も効果的なのは、時間のかかる
    工程について、やり方を見直すのではなく、それ自体を削減して
    しまうことです。
    毎週水曜日に、店頭商品の一律プライスダウンを行なうという
    ユニークなコンセプトで躍進中の衣料品リサイクルショップ、
    ドンドンダウンでは、小売店で最も手間のかかる業務のひとつである
    「プライス書き」をやりません。
    プライスカードの代わりに、12種類の野菜のイラストが描かれた
    タグを商品に付けているのです。
    同社の商品の価格は、100~10000円の幅の中で12種類あり、週毎に
    野菜と価格のひも付けが変わっていきます。
    例えば、今週は10000円だったニンジンのタグの商品が、来週は
    9000円、再来週は8000円、その次の週は7000円・・・と、毎週値下げ
    されていくのです。
    そのようなシクミを導入することにより、ドンドンダウンでは、価格
    変更の際に、プライス書きをしてプライスカードを貼りかえるという
    手間の削減に成功しています。
    プライス書き作業を効率的に実行する策を求めるのではなく、その
    作業自体を省くためにはどうすればよいかというアプローチです。
    貴社の業務で手間のかかっているものについて、まずはそれ自体を
    やめる手立てはないか、既成概念に囚われずに考えてみましょう。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら