Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【先生化】

    2009年11月30日

     
     
     

    セミナーの受講者になっているときは、どんなにえらい経営者でも、
    講師の質問に対し、素直に答えます。
    それは、講師が「先生」だからです。
    先生の質問に、生徒として答えるのです。
    情報システム企業の時空の社長、檜野安弘氏は、「だから、営業
    担当者は、先生にならなければならない」と言います。
    顧客は、営業担当者を先生と認識すれば、素直に言うことを聴いて
    くれるからです。
    できる営業担当者は、そのために、商品知識はもちろん、業界全体や
    個別競合企業の動向、顧客の意識などの情報について、日々勉強を
    怠りません。
    そして、知識の内容そのものや知識獲得の過程を、ホームページや
    ニュースレターなどで開示することにより、自己の権威付けをし、
    先生化してしまうのです。
    初対面のときから先生と認識されていれば、話の中身が商談ではなく
    講義になり、プロ同士のあるべき関係が構築できると思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら