Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【社内スクール】

    2010年1月31日

     
     
     

    これからは特に、社内の教育制度がしっかりしている企業でなければ、
    生き残るのが難しくなると思います。
    なぜなら、縮んでいくパイを獲り合う世の中になれば、本格的な質の
    戦いになると予測されるからです。
    企業の生み出す商品の品質は、広義には、すべてその企業の構成員に
    よるものです。
    よって、構成員を磨くことが、経営に安定をもたらすための最も効果
    的な策だと言えます。
    例えば、営業を全くしなくとも、次々と相談案件が舞い込み、常に
    順番待ちの状態である物流企業、シーオスは、STS(シーオス・テク
    ノロジー・スクール)という社内教育制度を持っています。
    完全オリジナルのテキストを使い、全くの素人を優れた現場管理者や
    システムエンジニアに育て上げてしまいます。
    講義、試験と人事考課のシクミが、うまくリンクして機能しています。
    同社社長の松島聡氏は、次のように言います。
    > 「結果がすべて」と成果だけで評価する経営者は、怠慢である。
    > 成果を上げるプロセスを、会社がしっかり習得させてあげなければ
    > ならない。
    凡人を、優れた戦力に変えられる組織ほど、強いものはありません。
    経営者の皆様は、社員教育ほどリスクがなく、効果の高い投資はない
    ことを認識し、厳しい今だからこそ、力を入れていただきたいと
    思います。
    ・シーオスを訪問視察するセミナー→ こちらをクリック

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら