Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【現場の生情報】

    2010年2月20日

     
     
     

    レントラ便は、トラックとドライバーを一緒に貸し出して、時間制で
    料金を請求する運搬サービスです。
    今までの運送会社、引越会社が、距離と荷物量、作業員の人数等に
    よって料金を算出するのに対し、レントラ便は時間制定価です。
    そこが、消費者から「わかりやすい」という評価を得て、昨年比150%
    以上で伸びています。
    とても新しくてユニークなサービスモデルであるため、これを展開
    する株式会社ハーツの社長、山口裕詮氏は、現場生情報のキャッチに
    余念がありません。
    先進する競合企業がいないので、現場からニーズを拾って、サービス
    モデルを創り上げるしかないからです。
    山口社長は、以下のような取り組みで、現場の生情報を拾っています。
    1)電話オペレーターからの報告
    2)ドライバーが書く現場情報報告ノート
    3)山口社長自らが現場へ出ての情報収集

    特にすばらしいと感じるのは、2)の現場情報報告ノートです。
    現場から帰社したドライバーの皆さんは、ノートに、顧客の言動から
    気づいたことを、数行書くというルールになっているのだそうです。
    「顧客の声」に特化した日報と、とらえることができます。
    こういうシクミが回せる会社は、本当に強いです。
    経営トップが、現場の生情報をキャッチし続けることができるように、
    シクミを整え、徹底して実行しましょう。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら