Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【共同生活の効用】

    2010年3月11日

     
     
     

    日本一元気な居酒屋を標榜する、てっぺん渋谷男道場のスタッフは、
    全員で共同生活をしているそうです。
    マンションの大きな一部屋に、5~6名で一緒に住んでいます。
    同店のスタッフのひとりは、「僕たちは、一緒に住んでいるからこそ、
    これだけ結束力が強いんです」と、胸を張って説明してくれました。
    そして、「部屋が分かれていたらダメです。大部屋が一番です」とも
    言っていました。
    それらの言葉から、やはり「共同生活」は、先輩-後輩間、同僚間の
    コミュニケーションを密にし、若手社員を効率的に成長させ、一体化
    させるための、最もよい手段だと感じます。
    弊社会員の篠崎運送倉庫社でも、新入社員を先輩社員と一緒に1軒家で
    共同生活させています。
    以前、それぞれを一人暮らしさせていたときよりも、個々の成長が
    明らかに加速しているようです。
    しかし、「今の若者は、そういうのを嫌がるから」と言って、共同
    生活化に踏み切れない企業は多いのではないかと思います。
    しかし、多くの若手社員は、知らないから嫌そうにするだけです。
    前述てっぺん渋谷男道場のスタッフ、篠崎運送倉庫の社員が、それを
    証明しています。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら