Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【2020年の教科書】

    2010年3月16日

     
     
     

    菅下清廣著「2020年の教科書」(フォレスト出版)は、著者が7名の
    超プロと対談し、これからの世の中がどうなるか、そこでどう生き
    残るかの示唆を与えようとする本です。
    51mJembFVEL.jpg
    並みいる超プロの感性は、さすがに鋭く、これからを読むにあたって、
    非常に参考になりました。
    また、対談の中からうかがえる、超プロの生き方、考え方からも、
    学ぶ点が多くあります。
    例えば、対談相手のひとり、ジャパンベストレスキューシステム
    生活救急車)社長の榊原暢宏氏は、脱サラ後、苦労を重ねて一部
    上場の企業を創った方です。
    榊原氏は、「貴社のサービス内容は誰でもやれそうだが、これだけは
    持っておくべきというものは?」という質問に対し、次のように
    答えています。
    > 誰でもできます。
    > ただ、大企業にはできない。
    > 予算をつくって、やってこいっていう経営者にはできない。
    > お金でなとかしようっていう経営者には負けないですね。
    > ゼロからお金をかけずに、っていう企業は脅威ですね。
    > 0から1を生み出す、それには時間がかかる。
    > でもそういう人は工夫をする。
    > 工夫してくるやつが脅威。
    > 大企業は金で解決してくるから工夫してこない。
    この言葉には、あらゆる中小企業が大資本に対抗する上で、持って
    おかなければならない姿勢が凝縮されています。
    経営トップの方には、ぜひ読んでいただきたい良書です。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら