Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【潜在意識へのアプローチ】

    2010年3月27日

     
     
     

    NLP(神経言語プログラミング)の専門家である弊社コンサルタント、
    杉原忠から、潜在意識を変えて、行動を変える方法を教わりました。
    人間の意識のうち、顕在化しているものは3~6%しかないそうです。
    すなわち、潜在意識が94~97%を占めるということです。
    意識のうちのほとんどが、潜在意識なのです。
    ですから、顕在意識と潜在意識は、別人格ととらえるべきです。
    顕在意識では「納得している」と思っていることでも、潜在意識が
    否定していれば、行動に移せないのです。
    例えば、何度注意しても遅刻する人がいます。
    注意された時は、「解かりました。もう遅刻しません」と言います。
    おそらく本人は、深く反省しているつもりです。
    しかし、また遅刻してしまいます。
    これは、その人の潜在意識が「遅刻グセを直したい」と思っていない
    からです。
    それでは、潜在意識を変えるためには、どうすればよいのでしょうか?
    そのためには、遅刻グセが治って、すばらしく楽しい未来を手中に
    している状態を、イメージさせる必要があります。
    そのようになっている状態を、強くイメージすることにより、潜在
    意識に「遅刻しない→快」という認識が生まれるからです。
    潜在意識へのアプローチ法をマスターすれば、すばらしい成果が
    上げられると思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら