Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【目標達成のための質問作成法】

    2010年5月8日

     
     
     

    よい答えを出すためには、まずはよい質問を作ることが必要です。
    質問の仕方が悪ければ、よい答えは導き出せないのです。
    「目標達成のために、今後どのようなアクションを起こすべきか?」
    この答えは、多くの人が欲しいものでしょう。
    質問の仕方を変えれば、この答えもよりよいかたちで導き出せます。
    ポイントは、過去形です。
    既にその目標を達成してしまった未来の時点に立って、今からその
    時点までのアクションを振り返った質問を作るのです。
    つまり、例えば「年末で顧客数100社達成」という目標を立てたと
    すると、以下のような質問を作ります。
    「私たちは、本日2010年12月31日、顧客数100社を達成した。いつ、
    何をしたからか?」
    この質問内容に基づき、未来の時点から振り返って、いつ、何をした
    のかを思い出して(?)いけば、現実的で狂いのない、よいアクション
    プランが策定できます。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら