Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【業務日報】

    2010年7月20日

     
     
     

    業務日報は、上司と部下各人との間で、やりとりされるだけではなく、
    部下同士も、お互いの内容が見えるようにした方がよいでしょう。
    それによって、情報交換促進、連携強化、相互刺激(競争心)などの
    効果が見込めるからです。
    また、上司が一部下の業務日報の内容を見て、賞賛や叱咤激励などの
    コメントを返信する際も、全員に送付すれば、理念や方針の徹底に
    つながっていきます。
    倉庫会社K社では、営業担当者と現場責任者の業務日報に、SNSの
    ミクシィを活用しています。
    クローズドのコミュニティを作って、各人が毎日、日報のトピックを
    立てています。
    各参加者のトピックおよびそれらに対するコメントの内容が、簡単に
    周知できるため、とても有効な手段です。
    定型フォームはありません。
    しかし、その「定型フォームはなく、何を書いてもよい」という
    自由な形式が、各人の個性と精神状態を現すという効果があります。
    さらに簡易的に実行するのであれば、メールの宛先を上下全員にして、
    業務日報を配信すればよいと思います。
    ぜひデジタルツールを上手に使って、冒頭のような効果を、最大に
    享受してください。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら