Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【すでに起こった未来】

    2011年1月10日

     
     
     

    「20世紀最大の『知の巨人』」と称される、故ピーター・ドラッカー博士は、
    「すでに起こった未来」という言葉を遺しています。
    この言葉は、「未来のことだが、現状から超高確率で起こることが
    予測できること」を指します。
    ドラッカー博士は、次のように述べています。
    > 人口、年齢、雇用、教育、所得など人口構造にかかわる変化ほど
    > 明白なものはない。
    > 見誤りようがない。
    > 予測が容易である。
    > リードタイムまで明らかである。
    総務省によると、元日時点で、1990年生まれの新成人は124万人で、
    4年連続で過去最低を更新したそうです。
    この人数は、20年前の1970年生まれの新成人の約半分です。
    個人差はありますが、人生のうちで、最も消費活動を行なうのは、
    40歳代前半と言います。
    1970年生まれの人は、今年41歳になります。
    つまり、20年後には、超高確率で内需が約半分になるということです。
    企業は、この「すでに起こった未来」を直視しなければ、有効な経営
    計画は立てられません。
    しかし、多くの企業は、「景気は、いつごろ回復するだろうか?」と
    いった視点しか持たず、有効な手立てを考えられていません。
    またドラッカーの博士の言葉を借りると、次のとおりです。
    > 人口構造の変化が実りあるイノベーションの機会となるのは、
    > 既存の企業や社会的機関の多くが、それを無視するからである。
    > 人口構造の変化は起こらないもの、あるいは急速には起こらない
    > ものとの仮定にしがみついているからである
    正しい認識に基づいて準備をする企業には、大きなチャンスです。
    ・ドラッカー学会→ http://drucker-ws.org/

    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら