Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【インプリンティング】

    2011年4月18日

     
     
     

    生まれたてのヒヨコは、初めて見た動く物を、親鳥と認識すると
    言われます。
    この特性を、動物行動学では、インプリンティング(刷り込み)と
    言うそうです。
    これと同様に、学卒の新入社員は、入社した1社目の会社の特性に
    染まります。
    そして、このインプリンティング効果は、末永く続きます。
    ですから、中途社員の採用を検討する際には、1社目の入社企業の
    業種、職種、企業特性(社風)等がどうだったのかを、しっかり
    チェックする必要があります。
    例えば、営業職なら、1社目の取扱商品と特性が大きく違う商品は
    売りづらく、なかなか成果を上げられないことが、よくあります。
    1個が数百円の商品の商談をしていた人は、たとえこれまではトップ
    営業マンであったとしても、桁の違う、例えば数百万円の商品を売る
    マインドには、なかなかなれないものなのです。
    他の職種や業種でも、同様です。
    採用活動においては、応募者が初めに入社した企業を必ずチェックし、
    社会人としてのベースにあるインプリンティング効果を測りましょう。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら