Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【有事に対応できるよう・・・】

    2011年4月26日

     
     
     

    今のような有事に直面すると、薄利(多売)の戦略は、よほどの
    大資本の企業であっても、かなり慎重に選択すべき方向性だと、
    あらためて感じます。
    利益率を高めること、そして内部留保を増やすこと・・・
    不測の事態のリスクヘッジのための最重要課題です。
    外食企業の雄、サイゼリアの社長、堀埜一成氏は、今後、原発問題に
    よる食材廃棄や為替の変動などによって、原価率への悪影響が出て
    きても、メニューの値上げは絶対にしないと言い切っています。
    消費税が引き上げられても、値上げはせず、「守るべき価格帯」を
    守っていくと宣言しています。
    なぜそれが可能かというと、曰く「こういった有事に対応できるよう、
    今まで利益を高めてきた」からだそうです。
    事実、同社の営業利益率は、14.4%(2010年8月期)と、外食企業の
    中でも抜きん出た成績です。
    利益率を高める・・・今まで以上に注力したいテーマです。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら