Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【覚悟を決めるのは師匠​】

    2011年9月11日

     
     
     

    人材採用の原則は、「迷ったらやめろ」です。
    こう言うと、経営トップの中には、「それじゃあ、ほとんど採用
    できないよ・・・」とおっしゃる方もいるでしょう。
    しかし、人を1人採用するということは、本人やその家族の行く末の
    責任を背負うことです。
    また、それだけではなく、その人が仕事をする上で及ぼす、周りへの
    影響すべての責任を背負うということです。
    タレント、映画監督の北野武氏は、著書「超思考」の中で、次の
    ように述べています。
    > 弟子入りするときに「覚悟を決めました」なんて言う奴がいるけれど、
    > 覚悟を決めるのは師匠の方だ。
    > 自分が生んだわけでもない子どもを持つようなもので、こいつが
    > 面倒を起こしたら自分がすべての責任を取ると覚悟しなければ、
    > とても弟子になんかできはしない。
    北野武氏は、弟子には、徹底的に礼儀を躾けるそうです。
    それが、「人の世で生きるための必要最低限の道具だから」です。
    新たに人を採るときは、覚悟を決めて採り、その覚悟を本人に
    しっかり伝えるべきでしょう。
    その上で、徹底的に厳しく躾けるべきだと思います。
    ・「超思考」(幻冬舎)
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら